今月のステマ

月別アーカイブ

MONTHLY

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
44位
アクセスランキングを見る>>

ブログランキング

ブログランキング参加中です   1日1回じゃなくてもポチっとして頂けると 大歓喜です(´・ω・`)

       骨豚商店

買い物して頂けると        非常に嬉しいです          人柱資金にします(´・ω・`)

お問い合わせはこちら

お名前:
メールアドレス:
件名:
お問い合わせ内容:

QRコード

QR

骨豚おすすめサイト 相互RSS大募集中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーマー向けAndroidスマホ、「W one」が発表、裸眼3Dに対応したモデルも

あー、これならドラクエとかだけじゃなくアクションもやりやすいですねぇ、どうも液体です(´・ω・`)

001_20141209231742337.jpg

─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━━─━─━─


ゲームパッド付きの「ゲーマー向けAndroidスマホ」が2015 CESで発表予定。その外観は細くシンプルになったPS Vita?

www.4gamer.net/games/990/G999019/20141209089/


001_20141209231742337.jpg 002_2014120923174398f.jpg


 「縦方向が細くシンプルになったPlayStation Vita」のような見た目のゲーマー向けAndroidスマートフォンが,米国ラスベガスで2015年1月6日から開催される「2015 International CES」(以下,CES 2015)で発表されそうだ。
 これは,過去に数タイトルが日本でもパブリッシングされたことのある中国のオンラインゲームデベロッパ・Snail Gameの米国法人であるSnail Games USAが予告したもの。同社によれば,ラインナップは裸眼立体視に対応する「W1 3D」と,そこから立体視機能を省いた下位モデル「W1」の2モデルで,いずれも,液晶パネル部を左右からゲームパッド部が挟み込むようなデザインが特徴となっている。

 公開された4面イメージを見てみると,横置き時の本体左側には上にアナログスティック,下にD-Pad(十字キー)を搭載し,さらにアナログスティック の右上にインカメラ,左下にマイクあるいはスピーカーらしきものを内蔵している気配なのが見て取れる。一方,パネルの右側には,得体の知れない記号が書か れた小さなボタンを菱形に4個と,右アナログスティックを搭載しているようだ。
 上側面のショルダー部分には左右の端にボタンが置かれている。左右それぞれ2個ずつあるような雰囲気もあるのだが,画像の解像度が低いため,正直よく分からない。

 北米市場で発売予定とのことだが,発売日や価格は未公開。このあたりはCES 2015をお楽しみに,ということなのだろう。


─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━━━─━─━─


え?PSフォンならぬ箱フォン?はっはっは、ほんとにね、正直そう思ったよ・・・

けど仮想キーじゃやっぱ操作しにくいんですわ、物理キー搭載スマホはもっと普及しても言いと思うマジで







関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム

テーマ : 新作ゲーム

コメント

コメントの投稿


コメントを非公開にする

| TOP |


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。